October 10, 2004

会陰切開レポート|無痛分娩

出産経験がないならなおさら、聞くにも文字を見るだけでも怖い怖い会陰切開。
出産の際に、汚く裂けてしまうぐらいなら、
チョンとキレイに切った方が傷口がキレイに治りやすいというのは周知の事実です。
さて、無痛分娩で会陰切開になんの関係があるのかといいますと、
やはり、おのれの全てのチカラを使い切らずとも出産できることが関係してきます。

普通分娩より、無痛分娩は若干加減をしながらいきめるので
思いっきり勢いにまかせてバシュンと産み落とすよりは
裂ける可能性が低くなるというわけです。

シールを勢いよくはがすと、ビリビリになってしまいますが
そーっとはがすとキレイにはがれるアレか。とその時イメージしました。

私の場合はというと、会陰切開はしなくて済みました!!
これは、ものすご〜く嬉しかったです。


優秀な助産師さんは、裂けさせないなどとも聞きますが、
あくまでも私が先生から聞いた時の説明ですが、
裂けるか裂けないかは、正直フィフティーフィフティーなのだそうです。
皮の伸びには限界があり、それぞれ伸び方にも違いがあり、
そこに子供が大きいか小さいかの相性が加わって、
どうしても裂けざるをえない組み合わせになってしまう人もいれば、
そうではない人もいるということでした。

また、別の先生(無痛分娩を選択するにあたって、いくつかの産院の母親学級に参加しています)は、
出産の間際では皮はのびきるほどのびきって、
ピラピラの薄々なので、
それを切るなんざたいしたことではないともおっしゃっていました。

経産婦さんは、分娩室に入るまでの陣痛を乗り越えるのが一番きついのであって
実際痛いけれども、会陰切開なんざ出産の中でたいしたことではない。
という人、切開は痛いものは痛いという人それぞれです。



出産時のデータですが、

●私
30歳の誕生日目前の29歳(←身体の年齢の目安としてください)で出産、
身長149cm(←低いです。)
出産時の体重は50キロぐらいでした。

むくんだりむくまなかったりで最終的な体重はさだかではありません。
出産前(と今現在)の標準体重は39〜40.5キロぐらいです。
(標準体重に関してもプラス1.5キロ間を常にいったりきたりしております。)

●娘
2890g、身長49.5cm、頭囲32.5cm、胸囲33.0cmでした。

身体の柔軟性にかかわりますので運動のことも書き添えると、
マタニティビクスをしたいところでしたが
めいいっぱい仕事をしていた関係で、日中の運動は無理だったので
安定期に入ってから出産まで6か月間ほぼ毎晩、
汗をかく程度に1時間から1時間半のウォーキングをしていました。
(つきあってくれたダンナさんと茶の協力のもと達成できたのだと思います。)

それから、分娩室に入って拝りん(頭が出てきた時)が始まってから
取り出すまでは、助産士さんが、ずっとスクワランをすりこんでくれました。
病院と営業さんの関係があるでしょうから
このメーカーが一番とはいえないでしょうが、
その時使用していたスクワランはHABAのスクワランでした。

もし、また出産することがあったら、
ハーバーのスクワランは持参しよう。気休めでも……。と今でも思っています。


ついでに、高齢の方が、皮は伸びにくいのだそうです。
なんとなくわかります。わかりたくありませんが。
なので、次回のハードルは高くなりそうです。





トイザらス・オンラインショッピング
468-60_swing


この記事へのコメント
 身長低いのですね。
仲間です。実は私身長141センチです。
さらに低いです。
うちはku−が大きくなりすぎて帝王切開になりました。
ku−は 3380g 身長50.5センチ 頭囲35.4cm、胸囲36.0cm
でした。先生にママには小さいのによく育ったね。って言われました。
産む前にレントゲンを撮ったら骨盤が狭くて頭通れないよ。
との事で、帝王切開になりました。
Posted by mayu at October 10, 2004 19:13
うわー、皆さん小さいんですね!キャワイイ
私は身長163センチです。
チカチューは3200グラムくらいでした。
私は先日書き込ませていただいた通り、
麻酔が効かなくて七転八倒していたので、
お医者さんが「切開します」と言って
ジョキン!!!!って聞こえたときは
「ああ、これでやっと中から出てくるた、やっと終わるんだ
 あと、ちょっとなんだ!!!」
と凄くホッとしました。
ちなみに麻酔が効いてなかったので、会陰切開するときに
注射で麻酔打たれました・・・。
それよりも退院するときに縫合した会陰の抜糸をしたんですけど、
これが、もう、本当に痛かった・・・。
Posted by マユタン at October 10, 2004 22:56
mayuさん
こんにちは。小学生にまじっても違和感のない身長仲間ですね。
たかぎなおこさんの「150cmライフ。」ってご存じですか。
題名の通りで、チビ人間が笑えるエピソードが結構ありましたよ。
って、私はサイトでしか見ていないのですが本もあるそうです。
マルイのサイト(http://www.0101.co.jp/topics/)で
読めます♪

痩せている人や、小さい人は、骨盤のレントゲン撮ることが多いらしいですよね。
私は特になにもいわれませんでしたが、産道が狭かったらしく
お約束で花の頭はしぼられて変形して出てきました。

なにせすずしげなお産だったものですから
いきんでいる最中は、こんなにいきんで痛くないかしら
大丈夫かしら?と、まだ見ぬ我が子を心配しながらいきみました!

それにしても141cmで3380gとは、
臨月のころはさぞかしお腹が大きかったのではないですか?
よくぞがんばられました!!

マユタンさん
抜糸をする病院もあるのですね。とける糸の方が多いのだとばっかり。
マユタンさんの病院、ますます怖いです!
無痛分娩なのに、麻酔が効かなかったとのことですが、
無痛分娩って、技術料と、麻酔薬代金が単純にかかるわけですよね。
最終的に料金はどうなったのですか?

こうやって、耳をすませたり呼びかけ(?)のようなものをすると
思い出したように、みなさん類い希なるエピソードをお持ちなのに
本当に普段の生活ではあまり耳にしないのが不思議です。
と、いうよりやっぱり忘れられるようにできているのだなと確信してしまいます。

痛いハナシって、怖いハナシに並んで、以外と好まれている印象なので。
やはり、あの出産の産みの苦しみ全般は、
忘れて前向きになるようななにかが分泌されているのでしょうね。
そうじゃなかったら何度も出産できませんものね。

(念のため、わたくし本人は、痛いハナシが好きというわけではないです……。)
Posted by 茶と花の母 at October 11, 2004 03:26
私の場合は身長161センチ体重48キロ(妊娠前)です。

1人目 萌は体重3715g身長53.5センチで普通分娩で産みました。
萌の時は切開を先生の判断でメスを入れました。
その後は抜歯もなく傷跡も全く無かったです。
2人目 風は体重3988g身長52.5センチの普通分娩でした。

風は頭をかしげるようにしていたので少し変な形で出てきたのですこーしさけましたが、現在9ヶ月傷は残ってません!!
2人とも違う病院だったのですが、風の先生は特に優秀な先生だったのでよかったです!!

ちなみに私は次産むなら病院に間に合わないかも・・・。
といわれるぐらい安産で、
助産婦さんいわく「こんな産婦さんなかなかいない!!」といわれるぐらい
優秀だそうです(^◇^;)

無痛分娩はどんなもんなんでしょうね・・・。
陣痛は大きい子を産む時は下におりてきたらすごくいたいんです・・・。
Posted by よゆえふ at October 11, 2004 04:18
よゆえふさん
お子さまは、おふたりとも立派に大きな赤ちゃんだったのですね!!
4000g近くても、メスをいれることなく少々の亀裂で
済んだというオハナシは、
きっと通りすがりのプレママ(特にはじめてのお産ママ)に
希望を与えられることでしょう★
無痛分娩の陣痛の痛みですが、
陣痛の痛みを抑える病院と陣痛は自力で乗り越えさせる病院と
様々で、私は生理痛程度の痛みしか知りません。
痛くなると、声をかけ、その度に、
チュチュっと麻酔の注入してもらいました。
大きな子ほど陣痛が強いとは知りませんでした。
大きな赤ちゃんとわかっている方にも
都合が良い場合がありそうですね。
Posted by 茶と花の母 at October 12, 2004 02:07
こんばんは♪
↑のよゆえふさん、二人とも大きな赤ちゃんだったんですね〜=^-^=
私は助産院でのフリースタイル出産だったので、会陰切開はもちろんナシでした。(助産院では医療行為はできないので。)

ワタクシ、163センチ46.5キロ(妊娠前)→59.5キロ(出産前)まで13キロ太った出来の悪い妊婦でした。
で、息子は3588g、頭囲35センチ、もともと頭が大きいと言われ続けていたので、会陰が傷つくのは少々覚悟してました。
助産院では、会陰裂傷を最小限に押さえる為、病院とはちょっと違うことをします。
・臨月入る頃から、お風呂上りなどに毎日自分で会陰に馬油などを塗って皮膚を柔らかくしておく(因みにおっぱいは6ヶ月頃から同じく馬油などでマッサージ)
・お産が始まってからも助産師さんが会陰にオイルを塗る
・排臨が始まったら、赤ちゃんの頭がちょっと出てはいきむのをやめて引っ込ませ、またちょっと出しては引っ込め、、の繰り返し。
赤ちゃんの出てくるペースと会陰の伸び具合を見て助産師さんの指示に従いますが、この時が一番辛い時でした〜。人によってかかる時間はマチマチ。

まわりで標準サイズの頭の赤ちゃんを産んだ子達は会院裂傷ナシでした。
私は頭が大きかったのでちょっとキレましたが、助産院では縫合しないので、クリップで48時間止めておくだけです。
それでくっついてしまうんですよ、ビックリする事に。
ダンナもその様子はしっかり見ていて、「最後にちょこっと切れちゃったね〜」などと言ってました。
でも信頼関係の出来上がってる助産師さんと夫との畳の上での出産は、すごく感動的で、産んだ瞬間に「これだったら二人目行けちゃうわ♪」とまず思いました。
お産って人それぞれ色んなドラマがありますよね。
出産話、聞くのダイスキです☆
Posted by Rinco at October 12, 2004 02:27
Rincoさん
フリースタイルですか!
私は無痛分娩を選んだ身ですが、
桜沢エリカさんの『贅沢なお産』を読んだり、
出産方法はこれでもそれなりにひととおりチェックした上で決めたので
助産院も一時は考えました★
40週の中で培った信頼関係の上での出産というのは
憧れです。

本当に、ひとそれぞれの幸せを披露してもらって、楽しいです♪

友人に、助産院で水中出産をした、これまた素敵な女性おりまして、
ここに書いてもらえるようリクエスト中です★
Posted by 茶と花の母 at October 12, 2004 03:04